ママの本業

世間一般的には、はたらく女性でもなお、お家に帰ったら養育やファミリー、ディナー、扶養などの仕事をする存在とされています。夫婦揃って勤める人がふえています。そのため、ディナーなどの家事も夫婦共に取り組む事業という見なしていらっしゃるケースもあります。所帯によっては、ファミリーは婦人の事業として女性がすることだと見なしてある父親もいます。はたらく婦人の中には、事業が終わって帰ったら、眠るまでお家のことをやるという人もいます。外部で行ない、室内のこともするには、全ての事業を要領よくすませる手際の良さが求められるでしょう。事業に体重を置き、はたらくことを何よりもの生きがいとしている女性も、最近は増えているようです。婦人の中には、成婚し、子供を産み育てながら、事業を5クラスも10クラスも保ているという人もいます。育休を決して取らずにあっという間に復帰し、以前と同様に事業に精を出す女性もいます。婦人のポジションが依然低という現場は、日本においては相変わらず多くあります。しかし、最近では役員やエグゼクティヴに女性がなることがあるなど、用意の現れが見えてはきています。事業に取り組む婦人にとっては、女性が仕事をすることが評価されつつある成行は歓迎すべきことといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ